武蔵小金井駅について

武蔵小金井駅は、東京の小金井市にある中央本線を走っている駅です。この武蔵小金井駅の作りは2面4線からなる高架駅となっており、武蔵小金井駅では発車メロディに『さくらさくら』を使用しています。武蔵小金井駅の利用者数は、2011年度で1日平均56677人です。
武蔵小金井駅の周辺は商店街などが広がっており、武蔵小金井駅のすぐ横には開かずの踏み切りと呼ばれる踏切がありました。
武蔵小金井駅が高架化によって、以前よりも横断する距離や遮断されている時間も長くなったことから、さらに開かずの踏み切りとなってしまいました。
そのことからテレビなどでも何度も放送されるほどの問題となり、2009年には踏み切りが撤去されました。武蔵小金井駅の近くには、貫井神社があります。
この神社の目玉といえば、境内にぬるい水が湧き出ている場所があるのです。ここは、野川を散策している方が寄っていくことが多く、地元の人には有名な神社となっています。もし興味がありましたら、武蔵小金井駅にお越しの際にでもお立ち寄りください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ