地下1600メートルの温泉

鷹の台駅は、東京の小平市にある国分寺線を走っている駅です。鷹の台駅の駅舎は白い外壁に自販機が1台ある駅舎となっており、鷹の台駅は2面2線からなる地上駅です。鷹の台駅の改札口は1ヶ所のみとなっており、1番線の方に設置されています。
鷹の台駅の利用者数は、2009年度で1日平均13400人となっており、その数は年々減少しています。西武鉄道の走っている駅の中では39番目の利用者数です。鷹の台駅の周辺には、天然温泉の『テルメ小川』という施設があります。この施設の外観は、オレンジの瓦が非常におしゃれな作りとなっており、欧風の雰囲気があります。施設内には地下1600メートルから湧き出ている温泉が特徴的となっています。

この天然温泉は非常に人気となっており、色々な種類のお風呂も楽しめます。鷹の台駅からは徒歩にて行くことも可能で、鷹の台駅から約10分から15分程度の場所にあります。入浴料は大人で800年となりますので、鷹の台駅にお越しの際はぜひとも利用してみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ