大きさにビックリのナン

新小平駅は、小平と東村山トンネルの両方に挟まれた場所に位置している駅です。新小平駅の駅舎自体は、トンネルの上に作られています。新小平駅の利用者数は、2010年度で1日平均11146人となっており、武蔵野線を走っている駅の中では一番少ない利用者数となっています。新小平駅の近くには、インド村と呼ばれるインド料理店があります。インド料理といってもメインとなるのはもちろんカレーですが、ここでは本格的なインドカレーを堪能することができます。インドカレーといえばもちろんナンと一緒に食べるのが主流ですが、このお店のナンはまず大きさにビックリです。カレーの入った器の何倍もの大きさとなっており、ボリューム満点です。新小平駅近くのインド村では、色々な種類のカレーを食べることができるとあって、毎日多くのお客さんで賑わっています。新小平駅からは徒歩5分と近い距離にありますので、もし新小平駅に行きましたら、ぜひとも本格的なインドカレーを食べてみてください。

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

東小金井駅について

東小金井駅は、東京都の小金井市にある中央本線を走っている駅です。この東小金井駅の作りは1面2線からなる高架駅となっており、東小金井駅内にはみどりの窓口あ自動改札機などが設置されています。朝や夜間の時間には、中央線の東京駅発着による電車も東小金井駅に停車しますが、基本的には快速電車となっています。東小金井駅の利用者数は、2010年度で1日平均27821人です。東小金井駅の周辺は大学が多数存在していることから、学生が非常に多いです。そのため、東小金井駅を利用する学生も多いです。東小金井駅の南側には、日本歯科大学があるのですが、そこでは毎年盆踊り大会が開催されています。この盆踊りでは、多くはないのですが花火も打ちあがります。機会がありましたら、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
また、東小金井駅の近くには小金井公園があり、その園内には江戸東京たてもの園もあります。東小金井駅からはコミュニティバスを利用すれば10分ほどで行く事ができます。

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

小川駅について

小川駅には2つの路線が走っており、国分寺線と拝島線があります。小川駅ではこの2つの路線が同じホームで乗り継ぐことができるため、利用者にとっては非常に便利な駅となっています。小川駅周辺には、飲食店が多く存在しています。
その中でも小川駅の近くにある『麺屋どらいち』というラーメン店がオススメです。このお店の看板メニューは、どらそばという名前のトンコツラーメンです。ゴマナッツが非常に香り豊かで、スパイシーです。店内は全部で8席しかない小さなお店なのですが、非常に人気のあるお店です。学生だと味玉か替え玉が無料というサービスも付いており、お得です。小川駅からは徒歩3分と非常に近い場所に位置していますので、もし小川駅に行く事がありましたら、ぜひとも食べに訪れてみてください。また、同じく小川駅の近くには『まかし』というインドネシア料理店があります。
アジアン料理が好きな人には最高のお店となっており、小川駅のすぐそばにあります。地元の人からも人気のお店となっていますので、小川駅に行ったときにはぜひとも食べにみてください。

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

珍しいタイヤの博物館

青梅街道駅は、江戸の屋敷のような和風の作りをした駅舎があります。駅名にあるように青梅街道駅は、青梅街道が交差している場所に作られており、小平市役所などが近くにあります。青梅街道駅の近くには、『ブリヂストンTODAY』という博物館があります。ブリヂストンといえばタイヤ製品で有名ですが、そのタイヤや素材であるゴムの博物館となっており、珍しい施設です。
車はもちろんのこと、飛行機用のタイヤや世界で一番大きいタイヤなど色々なものが見れます。営業時間は朝10時から15時30分までとなっていますので、もし興味がありましたら訪れてみてください。青梅街道駅からは徒歩15分程度で行く事が可能です。

また、青梅街道駅の近くには中国の宮廷料理として有名な翡翠麺を田食べることができるお店があります。ここの翡翠麺は、健康に気を使っており、化学調味料は一切使用されておりません。手打ちの翡翠麺はコシがあり、非常に評判のお店となっています。青梅街道駅からは徒歩15分程度の場所にあります。

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国分寺で行われる市民祭り

西国分寺駅は、東京都の国分寺市にあるJR東日本を走っている駅です。この西国分寺駅の作りは2面2線からなる地上駅となっており、駅舎は橋上タイプとなります。西国分寺駅ないには立ち食いそば店やコンビニ、ATMなどが備わっています。西国分寺駅のホームにある店舗は、どれも茶色の壁のきれいな雰囲気のお店となっており、毎日多くの方が利用されています。西国分寺駅の利用者数は、2011年度で1日平均26804人となっており、武蔵野線を走っている駅の中では10番目に多い利用者数です。西国分寺駅のある国分寺市では、毎年お祭りが開催されています。これは、商工祭や農業祭、さらにパレードなどが行われる市民のお祭りとなっています。平安時代や鎌倉時代の衣装を着て町を歩く行列が、このお祭りのメインとなっており、毎年多くの方が訪れています。いろいろな模擬店も出店していますので、もし西国分寺駅に行く予定がありましたら、ぜひお祭りの時期に訪れてみてください。毎年11月の第一日曜日に開催します。

タグ

2012年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ